INTERVIEW&COLUMN

2017.11.19

映画の役作りについて~映画「愛の病」の撮影から~ 前編

『好きでもないくせに』、『スキマスキ』などの代表作をもつ監督・吉田浩太さんの連載コラム。 第二回は「役作り」について感じたことを語っていただきました。

自身の新作映画が完成したので、その映画に絡んで(願わくば映画の宣伝も兼ねて)、今回は役作りに関して少し書いてみようと思います。

新作のタイトルは「愛の病」と言います。
とある田舎街で起こった、とても愚かな犯罪事件をベースにしたオリジナルの脚本作品です。
瀬戸さおりさんを主演に迎え、岡山天音さん、八木将康さん、山田真歩さん、佐々木心音さん、藤田朋子さんらが出演してくれています。
今回の映画「愛の病」ですが、自分の満足がいく映画作りができました。
題材が実際にあった事件をベースにしていたこともあり、リアリティをベースに作ることが出来たことや、厳しい予算規模に拘らずそれ以上のスタッフワークによって現場を充実することが出来たことなど、諸々の要因があるのですが、その中でも一番大きかったのが…

監督:吉田浩太

1978年東京都生まれ。シャイカー所属。早稲田大学中退。
ENBUゼミナールを卒業後、映像製作会社シャイカーに入社。
入社後、『象のなみだ』(西東京市民映画祭審査員特別賞)を監督。
2006年『お姉ちゃん、弟といく』で、第2回CO2映画祭主演女優賞〈江口のりこ〉、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門審査員特別賞を受賞。
2008年、若年性脳梗塞を発症し、手術・治療のため、休養生活に入る。
一年の休養の後、復帰作の『ユリ子のアロマ』を完成。
ドイツニッポンコネクションでスペシャルメンションを受賞した後、長編デビュー作として劇場公開をした。
2011年、『ソーローなんてくだらない』を制作。
レインダンス映画祭でベストインターナショナルコンペ部門にノミネートされた。その後も様々な作品を作り続けている。
代表作に『オチキ』(2012)『うそつきパラドクス』(2013)『ちょっとかわいいアイアンメイデン』(2013)『女の穴』(2014)『スキマスキ』(2015)『好きでもないくせに』(2016)
テレビドラマ『黒い報告書~誘蛾灯の女~』『徳山大五郎を誰が殺したか?』『豆腐プロレス』など。
2017年度内に、二本の長編映画を制作予定である。

AUDITION&EVENT

mirroRliarの特別なオーディション&イベント情報

  • 募集中

    応募締切 : 2019.07.10 09:59