お知らせ

2019.05.20

2020年春公開映画「Winny」制作決定!

堀江貴文氏・家入一真氏・山田孝之氏らが審査員を務めた、2018 年のホリエモン万博にて開催されたCAMPFIRE映画祭のグランプリ獲得企画『Winny』が、⻑編実写映画として製作されることが決定致しました!

主演を務めるのは、大河ドラマ『いだてん』第二部に出演予定の三浦貴大さん。
また、mirroRliarのプロデューサーの一人であり、映画『キングダム』、映画『デイアンドナイト』に出演した阿部進之介さんの出演が決定しています。
監督は「イイネ!イイネ!イイネ!」(主演:クレイジーケンバンド)、「サブイボマスク」(主演:ファンキー加藤)、「逃亡料理人ワタナベ」(主演:池内博之)の門馬直人さん。
上記2名以外のキャストは、大規模オーディションにて決定予定です。
撮影は2019年11月、公開は2020年春を予定!

【Winnyについて】

天才エンジニアだった金子勇氏が開発した、P2Pファイル共有ソフトのこと。Winnyは「P2P技術」や「リーンスタートアップ」という点で優れていたが、違法ファイルの温床化によって開発者の金子氏は逮捕。7年という長い裁判の末無罪となった。
しかし、同じように音楽ファイル共有ソフト「Napster」を開発したショーン・パーカーは逮捕されることはなく、その後、Facebook初代CEOとなりSpotifyへの投資もしたのだ。
現在世界中の起業家がYouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを展開しているがそこに日本発のものはない。
もし金子氏が逮捕されていなかったら、今以上に革新的なサービスが日本から生まれていたかもしれない。
先月28日に放送された「NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント第8回 情報革命 ふたりの軌跡 ~インターネットはなにを変えたか~」でも、金子氏とWinny、および今作が特集され、今改めてその存在と技術の価値が注目を集めている。

【映画「Winny」ストーリー】

映画監督アキラは、刑事だった父を亡くし、久々に実家に帰る。実家で父・隼人の部屋の片付けをしていると、古い捜査資料を見つけ、父がP2Pファイル共有ソフト「Winny」の開発者東京大学の教授「金子」を逮捕していた事を知る。
アキラは、日本で初めてソフト開発者が逮捕されたWinny事件に興味を持ち、事件について調べ始める。
金子について取材を進めるうちに、次第に事件に対しての印象が変わってくる。
金子に悪意はなかったのか…刑事としての父の行動は本当に正しかったのか…。
Winny事件の真相、金子を取り巻く環境、そこに対立する隼人たち警察。
違った立場から見た一つの事件を映画を通して表現しようと決意したアキラは、親友の渡辺、協力者の野口と共にWinny事件の全貌に迫る映画「Winny」を作り上げる事が出来るのか―

【スタッフプロフィール】

監督:門馬直人 Monma Naoto
株式会社リクルートの広告ディレクターを経て、映画製作会社ドッグシュガーを設立し、映画・T V ドラマのプロデューサー・キャスティングプロデューサーとして活動。
「ハヌル-SKY-」(2013) がShort Short Film Festival&Asiaのミュージックshort部門グランプリを受賞。
同年、初の長編映画作品「ホテルコパン」(主演: 市原隼人)を 監督。
他にも「イイネ!イイネ!イイネ!」(主演:クレイジーケンバンド)、「サブイボマスク」(主演:ファンキー加藤)などの監督を務め、最新作はひかりTVで先行配信がされている配信ドラマ「逃亡料理人ワタナベ」である。

企画:サトシ・フルハシ Satoshi Furuhashi
みずほ銀行入社後、ベンチャー企業を経て2014年スマートキャンプ株式会社を設立。
SaaS比較サイト「ボクシル」、BPOコンサル「BALES」など複数事業を立ち上げる。
「出る杭が打たれない社会を作りたい」という想いから2018年2月CAMPFIRE映画祭にて「Winny」を企画プレゼンし優勝。

【キャスト】

三浦貴大:Miura Takahiro(アキラ役)
【近年の出演作】
「ダンスウィズミー」(2019)、「空の瞳とカタツムリ」(2019)、「3D彼女 リアルガール」(2018)、「栞」(2018)

阿部進之介:Abe Shinnosuke(渡辺役)
【近年の出演作】
「キングダム」(2019)、「デイアンドナイト」(2019)、「アウト&アウト」(2018)、「栞」(2018)

AUDITION&EVENT

mirroRliarの特別なオーディション&イベント情報

  • 募集中

    応募締切 : 2019.10.30 23:59