トップ写真:ⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

『NO』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を手掛けた注目のチリ出身監督パブロ・ララインが祖国の英雄、パブロ・ネルーダの半生を描いた『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』が11月11日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他 全国ロードショー決定。
日本版のポスタービジュアルと場面写真が発表となりました。

by Diego ArayaⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

冷戦下での男の危険な逃亡劇を描く

1948年、冷戦の影響下にあるチリ。
後に詩人としてノーベル文学賞を受賞することになるパブロ・ネバーダは、このとき詩人でありながらも上院議員で共産党員として活動していた。
そんな彼の元に届く共産党弾圧の報告。
これに憤慨したネルーダは上院議会で政府を非難し、ビデラ大統領から弾劾されてしまう。
大統領は警察官ペルショノーにネルーダの逮捕を命じ、ネルーダとペルショノーの危険な追いかけっこが始まります。

ネルーダはこれらの弾圧、逃亡劇のなかでいかにして自身の代表作「大いなる歌」を生み出したのか?その背景とは?

各国を代表する出演陣

主人公であるネルーダ役には、チリの映画界とTV界で最も知名度が高い俳優の一人であるルイス・ニェッコを起用。
またネルーダを追う警察官・ペルショノー役を、メキシコを代表する俳優であるガエル・ガルシア・ベルナルが務め、国に従事するも次第に享楽的なネルーダに魅了されてしまうペルショノー役を愛嬌たっぷりに演じています。

ネルーダを信望するラライン監督のもとに、ラライン監督映画の常連俳優やスタッフが集い、ネルーダの人生で最も謎多き地下潜伏と逃亡の時期を描き出します。

『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』

■監督:パブロ・ラライン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
■キャスト:ルイス・ニェッコ、メルセデス・モラーン、ガエル・ガルシア・ベルナル
■コピーライト:(C)Fabula,FunnyBalloons,AZ Films,Setembro Cine,WilliesMovies,A.I.E.Santiago de Chile,2016
■配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
■宣伝:樂舎