イトーカンパニーグループ ( イトーカンパニー・ラッキーカムカム )の舩津孝生さんにインタビューしました。マネージャーという仕事から見えてくる俳優についてお聞きしました。

マネージャー:舩津孝生

小・中・高と野球部で青春を謳歌しすぎて、大阪府立泉陽高校を卒業後、一浪。
16学部を受験したが、明治大学文学部演劇学専攻のみ受かる。
演劇サークル「騒動舎」と3サークルをかけもち、またしても青春を謳歌しすぎて、 就職活動で50社にアタックするが、なかなか難航。
1997年卒業して、大手芸能事務所入社。
宣伝部で、おもに出版社への営業・会見などのメディア対応を担当。
1999年、イトーカンパニー入社。
各メディアへの営業・宣伝・新人開発、あらゆるマネージメント業務に携わる。

ーーマネージャーのお仕事を教えてください。

アーティストとともに、さまざまなコンテンツを通してエンターテインメントを創造します。
マネージャーには、おもに3つの役割があります。

【営業】
作品へ出演ができるように、キャスティングをされる方にお願いをします。
キャスティングで求められるイメージに対して、提案をします。
【管理】
アーティストの肖像権・パブリシティ権などを管理します。
アーティストのスケジュールを管理します。
決定した仕事に対して、契約と遂行するための環境・状態の管理をします。
【開発】
スカウト・オーディションにより新しい才能の発掘をします。
また、才能がより高まるように育成します。

コミュニケーションが大切な仕事だと思います。
生まれ育ったなかで培った価値観や経験をもって、 冷静ながらも瞬時に判断しながら、目の前にある課題をクリアしていくことに努めてます。

ーーマネージメントをしていてやりがいはありますか?

マネージメントをしていると、毎日が刺激的な瞬間の連続です。
アーティストとのコミュニケーションはもちろんですが、 クライアントとの交渉だったり、 キャスト・スタッフが、ひとつの目標に向かって創り出す現場だったり。
もっともっと時間がほしいです。 変化に富んだ毎日に、たまに疲れてしまうこともありますが、 俳優とともに携わることができた作品が、世界中の人々の話題として共有され、 一人一人の人生に触れているのを感じられると、 情熱が湧き、前向きにがんばることができます。
人のために、人がつくる、人があっての仕事。楽しいです。

ーーどのような役者をマネジメントしたいと思いますか?

新人がよく口にするのですが…経験を積んで、何年後には誰それのようになりたい。
間違っていると思います。
役者と名乗る以上、すでに活躍されている憧れの役者とも勝負は始まっています。
はじめてのチャンスだから結果を出せなくていいのではなく、 はじめてのチャンスを必ず勝ち取れるように、必死にならなくてはいけないと思います。
年齢も経験も関係ありません。
役を自分のものにする努力を惜しまず、 誠実に人生を実らせようとしている人と向きあっていけたら、いいなあと思ってます。
私も、誠実に懸命にサポートしていきたいです。

ーー役者を目指す方へアドバイスをお願いします。

誰にでも役者になるチャンスはあります。
ただ、役者を目指している大半の人が、 選ばれなかったことに、納得できる答えを見つけ出せず、 悩み続けているんだと思います。
答えを見つけようと、ただ頭の中だけで悩まないでください。
たくさんの人と出会い、その都度、求められることに対して、 自身で考え抜き、選び出した表現を、自身の身体を存分に使って発信してください。
自分をあわせるのではなく、自分だけの表現を相手に発信すること。
必ず、その表現を必要とする人と出会えるはずです。
その出会いを大切に積み重ねていった時、ふと振り返ると、 理想だったプロの役者になることができているんだと思います。

ーーイトーカンパニーグループを教えてください。

代表の伊藤久美子氏が1990年に設立。
当初はモデル中心のマネージメントでしたが、所属者の多分野への進出に伴って、 総合芸能プロダクションとして現在に至ります。
イトーカンパニー・ラッキーカムカムの2社でグループとしてプロモートします。

10代前半からの育成を軸としているからでしょうか…、アットホームとよく言われます。
アーティストの個性を大切に考えてマネージメントをします。
現在は、様々なジャンル・タイプのアーティストが、それぞれの道で活動してます。

イトーカンパニーグループ ( イトーカンパニー / ラッキーカムカム )
公式HP: http://www.itoh-c.com

イトーカンパニーグループ 所属俳優

ともさかりえ

蒼井優

金子ノブアキ

大村彩子

落合モトキ

相楽樹

PICK UP

徳永ゆうき

1995年2月20日生まれ。大阪市此花区出身。
日本の孫。 日本を勇気づける、演歌歌謡界期待の星。
奄美大島出身の祖父と両親の影響で、 幼少の頃から演歌歌謡曲一直線で育ち、 「NHK のど自慢チャンピオン大会2012」で、グランドチャンピオンを受賞。
2013年11月、BEGIN・比嘉栄昇さんが手がける 「さよならは涙に」で全国デビュー。
2014年、THE BOOM・宮沢和史さんの作詞・作曲による 2ndシングル「平成ドドンパ音頭」で「第56回輝く!日本レコード大賞」新人賞受賞。
現在5thシングル「津軽の風」が好評発売中。
歌手にとどまらず、役者としても活動をしており、山田洋次監督作品・映画『家族はつらいよ』、宮藤官九郎さん作/いのうえひでのりさん演出・劇団☆新感線『ヴァン!バン!バーン!』などに出演。来春、紘毅さんとW主演の映画「バケツと僕!」の公開が控えている。
また、趣味の「撮り鉄」・車掌ものまねを活かし、バラエティ番組でも活躍中。
公式HP: http://www.itoh-c.com/tokunaga/

イトーカンパニーグループ オーディション開催!

ミラーライアー会員限定のオーディション詳細は下記ボタンより概要を確認の上ご応募ください。