INTERVIEW&COLUMN

2017.08.01

【阿部進之介×伊藤主税×山田孝之 対談(2)】ミラーライアーでできること

役者を目指す人達に向けた新しいメディア「mirroRliar(ミラーライアー)」が2017年8月1日にスタートした。 運営チームを代表して、 and picturesの代表・伊藤主税と、この企画に賛同した俳優の山田孝之阿部進之介による三人の対談インタビューをお届けします。
阿部進之介×伊藤主税×山田孝之 対談記事一覧はこちら

ーー「mirroRliar(ミラーライアー)」を通してどんなことを発信していきたいですか?

伊藤:まずワークショップですね。
基本的にワークショップというのはレッスンに通ったりするものだと思いますが、見る教材というものをこのサイト内で展開できればと考えています。
そして、普段役者がどんなことを考えているのかを語っていただくインタビューやプロデューサーと役者の距離感などがわかるような対談も企画していきたいと思っています。

あと一番重要なのがオーディション情報。
様々な映画のオーディション情報を掲載して役者の募集をかける予定です。
サイトに登録してくださった方が自分のマイページを作れるようにしたいと考えています。

「mirroRliar(ミラーライアー)」だけのコンテンツとしてはポートフォリオというものがあり、マイページ登録した画像や動画を載せる事ができます。
そこにご自身のプロフィールや芝居している動画などを投稿して貰うことで監督や映画業界の人達とも繋がるチャンスが増えればと考えています。
※ポートフォリオ機能は8月半ば実装予定。

ーーポートフォリオ機能というのはいわばWEB上の履歴書のようなものでしょうか?

伊藤:そうですね。例えば、過去に参加したワークショップの映像などもアップしていただいて、それが更新されていくと最新の履歴書になると思います。
ポートフォリオを見ただけでこの役者はどういう人なのかということが一発でわかるので、ユーザーにとっても役者を探している人にとっても使いやすいメディアになるのではないかと。

山田:僕らのようにプロダクションに所属している人もプロフィールというものがあって、過去の出演作がまとめて載っていたりします。
そういうプロフィールのようなものをWEB上で展開しているとイメージしていただければ。
更に紙の履歴書やプロフィールとは違って、実際にその人が芝居をしている動画も見れるので、より具体的なアピールができるんじゃないかなと思います。

阿部:写真では芝居の感じがわからなかったりするので、実際に芝居している姿が見れると声もわかるし凄く良い資料になりますよね。

山田:写真だけだと実際に会ってみたら“あれ?なんか思ってたのと違うな”ということもあると思うしね(笑)

阿部:それはあるかもね(笑)

山田:そういう意味でも現在のその人の姿が見れるので、役者を探すほうにとっても良いんじゃないかなと思います。

伊藤:プロフィールをどうやって作ったらいいのか分からない人でもマイページに動画や写真を登録して、それをポートフォリオに反映させるだけで簡単にプロフィールが作れるので、どんどん活用して欲しいです。

阿部:ポートフォリオに自分の芝居の動画を投稿しただけで世界中の人達に見てもらえるので、どうせならもっと良い芝居をしようという向上心も生まれるかもしれませんよね。

AUDITION&EVENT

mirroRliarの特別なオーディション&イベント情報

  • 募集中

    応募締切 : 2019.02.23 23:59