『オー! ファーザー』や『嘘つきの恋』などを手掛けた藤井道人監督と、俳優の阿部進之介&山田孝之の三人がタッグを組みオリジナル脚本で映画を制作することが決定しました。そこで、どういった経緯で企画が立ち上がり、どんな作品になるのかを三人にインタビューしました。

ーーmirroRliarで今作の出演者のオーディションを行うそうですね。

山田:脚本を作る段階で、このキャラクターは絶対オーディションで募集しようとみんなで意見を出し合っています。オーディションって手間もお金も体力も必要で大変なんですけど、どんどんやっていくべきだと思っていて。 “こいつヤベーな”っていうインパクトのある逸材を発掘したいです。

阿部:経験が浅い人でもチャレンジできるような役も募集しようと思っています。

ーー現時点で募集する役柄は決まっていたりしますか?

山田:はい! まず小悪魔を探しています!

藤井&阿部(爆笑)

山田:小悪魔で合ってるよね?

阿部:簡単に言うとそうだね(笑)

山田:男を狂わせてしまうような魅力的な女性を探しています! 自覚が無い小悪魔から我こそは小悪魔という方まで幅広く募集します!!

藤井:小悪魔の判断は山田さんにお任せします(笑)

ーー年齢制限はありますか?

山田:サイトで応募要項は発表されますけど、多少サバを読んでしまったとしても雰囲気が小悪魔なら大丈夫です。事実はそこまで追求しません。

ーー山田さんと阿部さんはオーディションに参加されるのでしょうか?

山田:全てではないですけど、どこかのタイミングからは相手役をやってみたりしようかなと思っています。
過去にもオーディションの相手役をやったんですけど、それが一番相手のことが見えやすかったりするんですよ。